電話 06-6346-1107

〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地2-1-21 桜橋深川ビル3F

お問い合わせはこちら

東洋医学によるアトピー治療

アトピー漢方治療は大阪市北区西梅田中野内科医院

MOBILE SITE

東洋医学とは

東洋医学とはインドや中国を中心に発達してきた医学で、身体のバランスを重視した医学で、漢方医学ともいいます。
日本の学術的医学界はオランダを学んだ西洋医学で発達してきました。
西洋医学の治療方法は、大きな病院にかかればよくわかるとおり、検査で病気の原因をまずさぐり、その原因を取り除くことによって病気を治すものです。

これに対し、東洋医学では原因を取り除くことよりも元々備わっている健康状態のバランスを重要視します。
そもそも東洋医学では「自然と人間のバランスがとれている状態」を健康状態と定義します。
このバランスが崩れてしまうと「病気」になりまると考えられており、それを直すには、バランスをもとに戻し均衡を保てば良いということになります。

そのバランスを治すのに役立つものとして代表されるのが、鍼灸治療や漢方療法などです。

東洋医学とアトピー

東洋医学的にはアトピー性皮膚炎も体にこもった熱が上手く発散できず、体にこもった熱が皮膚表面に停滞しかゆみと湿疹となると考えられます。

特に関節などの構造が複雑な部分では熱が停滞しやすく症状があらわれやすくなります。

当院では、このアトピーの症状を、漢方治療及び鍼灸治療など使い分けながら改善に取り組んでおります。

当院の漢方治療の方針

漢方では先に述べましたように、胃腸のしいては体内の湿気を取り、赤い炎症がひどければ、熱をとる生薬、乾燥がひどければ水の代謝をよくする生薬を用い、その他その人その人に合わせて、女性の症状があれば、血の循環をよくする生薬、ストレスが強い人は気分を落ち着ける生薬をブレンドしていきます(漢方薬はエキス顆粒と煎じがあります)。

当院ではステロイドを使っていない方は純粋漢方治療、これまでステロイド治療を継続しておられる方は漢方治療を行いながら徐々にステロイドを減量していく方法をとっています。
慢性湿疹は漢方で治療を行うのが一番体に優しい治療です。顔体の肌を健常に戻し、痒みから解放されるために、Motivationを維持し、生活習慣を改め、漢方治療を続けていきましょう!