電話 06-6346-1107

〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地2-1-21 桜橋深川ビル3F

お問い合わせはこちら

ステロイド依存とリバウンド

アトピー漢方治療は大阪市北区西梅田中野内科医院

MOBILE SITE

ステロイド剤について

ステロイド剤は、細胞にじかに働きかけて、エネルギー代謝を変化させることが可能です。
それによって、アトピーの炎症をやわらげる抗炎症作用と、炎症の原因をもとからなくす免疫抑制作用をもたらします。
ステロイド剤にも色々な種類があり、効果が続く時間に差があります。
効果が長く続くステロイド剤を使用していれば、脱ステロイドにかかる時間も長くなります。

ステロイドは、もともと副腎という臓器の外側の皮質と呼ばれる部分から作られるホルモンなので、副腎皮質ホルモンとも言われています。
さらに、様々なストレスに対抗するなど大切な役目があります。

ステロイド剤のリバウンドについて

アトピーに対して強い効果を持つステロイド剤ですが、その効果の強さにともなっていろいろな副作用を起こしてしまうのが難点です。
この副作用のために脱ステロイドを始めるひとも少なくありません。ただし、急激に脱ステロイドを行うことでかえって違うストレスを経験してしまうこともあるので要注意です。

ステロイド剤の副作用としては、まず局所性副作用があげられます。
局所性副作用には、多毛、毛細血管拡張、皮膚萎縮、ウイルスや細菌による感染などがあります。
ステロイド剤による多毛は子供にあらわれやすい副作用ですが、脱ステロイドによって回復します。

さらに、ステロイド剤の毛細血管拡張によって、温度変化に敏感になり顔が赤くなりやすく変化します。毛細血管の拡張が起こると、脱ステロイドをしても元に戻るまで数年かかり、場合によっては戻らないこともありえます。
皮膚萎縮はステロイド剤が肌の生まれ変わりを抑えることで起こり、肌が薄くなり静脈が表面に浮き上がってきます。
ウイルスや細菌による感染はステロイド剤を使用した場所の免疫力が抑えられるため起こり、カンジダ、黄色ブドウ球菌、白癬菌、溶連菌などに感染してしまい合併症となるケースもあります。