電話 06-6346-1107

〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地2-1-21 桜橋深川ビル3F

お問い合わせはこちら

温故治芯

アトピー、不妊、がん漢方治療は大阪市北区西梅田中野内科医院

MOBILE SITE
ホーム»  温故治芯»  薬の町大阪の神農さん»  薬の町大阪の神農さん

薬の町大阪の神農さん

薬の町大阪の神農さん

大阪北浜道修町(どしょうまち)の一角に少彦名(すくなひこな)神社という小さな神社がありますが、この神社はまた庶民に”神農(しんのう)さん”と呼ばれ親しまれています。

安永九年(1780年)に、薬種中買仲間組織が京都五条天神社より日本の薬祖神少彦名命を勧請し、薬種改め会所に鎮座したことがこの神社の始まりで すが、当初より中国の薬祖神である神農氏も併祀していたようです。神農氏は古代中国最初の統治者と言われ、特に医薬を司りましたので、健康増進の神として 崇拝されてきました。

文政五年(1822年)の秋、大坂で疫病コレラが大流行したとき、大坂所司代は薬種中買仲間に特効薬製造を依頼し、急遽作られた対応薬が「虎頭殺鬼 雄黄圓」で、大坂の人々に広く配付されました。この薬は雄黄、白朮、菖蒲、雌黄、龍骨、虎頭骨、鬼臼など十種の生薬で構成され、これらを粉末にし丸薬にし たものでした。この丸薬は明治中頃まで配付され、その標本が現在も残されています。このとき、病除祈願のお守りとして併せて施与されたのが「張り子の虎」 で、これらの効能は非常に顕著であったと伝えられています。

もともと大坂は唐物や南蛮物などの舶来品が集まる都市でしたが、薬品も例外ではなく、長崎で落札された薬種は大坂へ海路回送され、大坂の唐物問屋が 受け取り、道修町の薬種中買仲間に渡り、全国へ売りさばかれました。この日本の薬業界の中心であった道修町を抱える大坂は、当時人口約40万の大都市で、 疾病に苦しむ人も多くなり、薬品も手に入りやすいという条件が手伝い、順次漢方医も増え、人々も唐物の漢方薬に自然と慣れ親しんでいったと考えられます。 こういう土地柄ですから現代大阪においてもやはり浪速っ子は漢方薬に他所以上の信頼感を寄せるのではないでしょうか。

神農さんと親しまれる神農祭は毎年11月22・23日の両日に渡り盛大に行われ、病除けを祈る大勢の人々で賑わいます。健康を祈る人の気持ちは昔も今も変わりません。予防医学的な意味からも、健康増進のためにもぜひ漢方薬をお役立て下さい。

2015-04-14 12:12:21

薬の町大阪の神農さん