電話 06-6346-1107

〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地2-1-21 桜橋深川ビル3F

お問い合わせはこちら

アトピー

アトピー漢方治療は大阪市北区西梅田中野内科医院

MOBILE SITE

アトピー性皮膚炎のケア

最近アトピー性皮膚炎はアレルギーではないだろうと考えられる非アレルギー性のものも含めて、アトピー性皮膚炎症候群と呼ばれています。悪化因子は様々で複雑に絡み合っています。ケアの柱は3つ、悪化因子の排除、スキンケア、薬物療法です。

悪化因子の排除 スキンケア 薬物療法

悪化因子を避ける

アレルギーの元がはっきりしている場合(血液検査特異的IgEでだいたいわかります)、それを出来るだけ避けたほうがいいでしょう。
ハウスダスト・ダニの場合、畳は避け、出来ればフローリング。毛足の長いカーペット、そば殻の枕は止め、部屋は除湿し、床はセルロースポリマーなどを使ってこまめに掃除をする。
アレルギー以外にも使っている石鹸・シャンプー・洗剤の化学的要因、機械的刺激(金属のアクセサリー、下着、爪で掻くetc)、紫外線、プールの塩素水も要注意です。またタバコは万病の元になります。

漢方では食養生とストレスを最も重視します。
食べ物では甘いもの(砂糖類、チョコレート、ケーキetc)、冷たいもの(アイスクリーム、ビールetc)、アルコール、脂っこいもの(中華・揚げ物・マクド・ミスド・大量のミルク)を長年摂り過ぎると胃腸が弱り、体内が湿気て、体表面=肌にも湿疹が現れるようになると考えます。また刺激物(韓国料理などスパイスの効いた食べ物、コーヒ)の摂り過ぎは、蕁麻疹も含めて痒みの悪化因子となります。

食養生の要点は自然食。
野菜中心(冷えのある人はブロッコリー・根菜類などの温野菜)の和食がお勧めです。また当院でも白米を玄米食に変えただけで改善する人もいますので、一度トライしてみてみる価値ありです!

ストレスは漢方では肝→胃腸にダメージを与えると考えますので、大きなアトピー悪化因子です。睡眠時間を充分とり、1日30分は何か楽しめることをして、リラックスする時間を持つようにしましょう。
アトピー自体も含めて何事も100%完全を目指す心の風向きを少し変えてみる必要があるかもしれません。

スキンケア

ポイントは二つ、一つは皮膚表面の汗、汚れ、細菌を落とす。もう一つは入浴後の保湿をするということです。
皮膚の汚れ特に皮膚にいつもいる細菌がアトピー皮膚の隙間の中に入ってくるとさらに痒みがまします。使う洗浄剤は出来るだけ、無香料無色素で界面活性剤の少ないもの(山之内ミノン、花王キュレルetc)がいいでしょう。ナイロンタオルは使用せず、優しく洗い、よく洗い流す。入浴後の保湿はワセリンが基本です。

薬物療法

漢方では先に述べましたように、胃腸のしいては体内の湿気を取り、赤い炎症がひどければ、熱をとる生薬、乾燥がひどければ水の代謝をよくする生薬を用い、その他その人その人に合わせて、女性の症状があれば、血の循環をよくする生薬、ストレスが強い人は気分を落ち着ける生薬をブレンドしていきます(漢方薬はエキス顆粒と煎じがあります)。
当院ではステロイド軟膏が必要なときにはステロイド軟膏もお勧めします。本人が嫌だという場合は出しませんが、ステロイドは毒だ!というような原理主義はとりません。東西医学の良いところうまく使って、ガンバり過ぎず、楽な気分でアトピーをよくしていきましょう!

アトピー性皮膚炎漢方治療方針

中野内科医院ではステロイドを使っていない方は純粋漢方治療、これまでステロイド治療を継続しておられる方は漢方治療を行いながら徐々にステロイドを減量していく方法をとっています。

慢性湿疹は漢方で治療を行うのが一番体に優しい治療です。
顔体の肌を健常に戻し、痒みから解放されるために、Motivationを維持し、生活習慣を改め、漢方治療を続けていきましょう!

漢方治療
漢方エキス顆粒(+生薬粉末)または煎じ湯液(ブレンドされた生薬を自分で煮出して飲みます!)、漢方生薬軟膏(漢方生薬だけの軟膏またはSOD軟膏)