プラセンタ療法

  • HOME
  • プラセンタ療法

プラセンタについて

プラセンタは元々漢方薬で紫河車(しかしゃ)と呼ばれ、古代中国秦の始皇帝が不老長寿の秘薬として珍重したという伝説があります。古い漢方薬の本である本草綱目(ほんぞうこうもく)に記載があり、中国では現在でも、ヒト胎盤を乾燥処理し、煎じて服用しています。

プラセンタの作用としては

① 補腎益精・助陽:体を温め、元気にする作用で、体が冷え切って、元気なく、口渇・寝汗・肌の乾燥などの症状がある人に適しています。

② 益気養血:元気がなく、漢方的に血が足りなくて月経不順・不妊・乳汁分泌不全などを起こす女性や男性の精子異常などに用います。

また最近の薬理研究(動物実験)では、疲労を和らげる作用(※1)や、脂肪肝抑制作用(※2)などが報告されており、ウサギの実験では、子宮・乳腺・睾丸等が発達する作用が認められています(※3)。

ヒトでは、65歳以上の健康指標を用いた研究で、プラセンタ経口摂取群は身体機能・性機能・認知機能が高まっていることが観察され、プラセンタは高齢者の健康状態・活動性を高める可能性が示されています(※4)。
また更年期症候群を改善する作用の報告もあります(※5)。

当院のプラセンタ療法

当院では下記プラセンタ療法行っております。
皮下注射 ラエンネック(日本生物製剤社製)、メルスモン(メルスモン製薬社製)
初回¥2,000 2回目~¥1,500 1~2回/週

※メルスモンについては更年期症候群と診断された45歳~60歳女性の方は健康保険適応となります。
※漢方薬ではありません。

詳しくは当院までお電話ください。



<参考文献>
(※1) 田村豊幸ほか:薬理と治療 6 (10) 109-114,1978
(※2) 坂本浩二ほか:東京医科大学雑誌, vol.31,829 (1973)
(※3、5) 正山征洋:phil漢方 No57 , 12-15, 2015
(※4) M.Kong, SB Park: Effect of human placental extract on health status in elderly Korean, Evid. Based Compllem. Alt. Med., Article ID 732915, 5:2012